おいしい赤ワインの基本知識

ライトボディはフルボディとは正反対な味わい

おいしい赤ワインとは何かライトボディはフルボディとは正反対な味わいワインで有名な産地と言えばフランスのボルドーとブルゴーニュは外せません

タンニンも多く含まれている事、そしてアルコール度数が13パーセント以上もある品がある事なども特徴として挙げられます。
一方でライトボディはフルボディとは正反対な味わいです。
色は明るく、口当たりも軽いので飲みやすいと断言できます。
アルコール度数は低く、10パーセントの代物もあるものの、11パーセントから12パーセントが一般的です。
お酒が苦手な人やワインの初心者にお勧めされていますが、ミディアムボディはフルとライトの中間な味わいをしています。
全体的なバランスが良く、アルコール度数も11パーセントから14パーセントほどです。
ライトでは物足りないものの、フルの口当たりが合わない人に丁度良いと言えます。
この味に関する違いは美味しさの基準となっており、渋みのある味に美味しさを感じるならフルを選ぶケースなどが良い例です。
それに外食した際に店員から「重めと軽め、どちらが良いですか」と尋ねられた時にも選ぶ目安となります。
しかしおいしい赤ワインの基準は味わいだけでなく、産地も大切です。
産地を基準にする事に対して抵抗感を覚える人がいるかもしれませんが、味の要となるブドウは栽培された地域の天候で決まります。
一般的に雨が少なく温暖な土地はブドウが完熟するまで待つため、甘やかでフルーティな味が多いです。
逆に、雨が多い土地はブドウが完熟する前に収穫するので渋味があるとされます。
こうなると、それぞれの好みな美味しさをさらに追及できるのは言うまでもないです。